子どもとお母さんにやさしい薬局

調剤薬局の薬剤師です。
チェーン店の調剤薬局の門前薬局で、近くのクリニックは内科・小児科なのでほとんどがお子様連れでやって来られる方です。
この小児科は先生の腕や人柄でも評判がよいので絶え間なく患者様がみえますが完全予約制なので、患者様を待たせることも少ないし、薬局としても時間が読めるというのはとてもありがたいことです。
そんな薬局に勤めて5年ほどですが、店内の改善のためにミーティングが行われますが、今回初めて自分の案が採用されました!
待合室に子供のためのプチプレイルームを作ることです。プレイルームに置くおもちゃは職場の方の使わなくなったものを利用させてもらったり、中古のお店で安く購入したり。
プレイマットを敷いて、子供が楽しく過ごせる場所をリラックスできる場所をテーマにスペースを作りました。
これが、大好評。
自分が親になると見る角度が違って見えるものですね。
薬局って静かですよね。相手にしているのが薬ですし、間違ったら大変なことになりますからね。
もちろん処方された薬をもらうために薬局に来ているわけですから体調の悪い方が多い上に、小児科なので赤ちゃんや子供が多い。体調が悪いのに薬を受け取るまでは時間がかかってしまうので、プレイルームで遊んで時間をつぶせると子供の笑顔が見られるからこちらもうれしく思います。お子さんを連れてくるお母さんも少しは気分が楽なのでは!?
そんなお母さんたちのリラックスのためにも飲み物サービスも始めてみました。緑茶やコーヒーや水を選んで飲めるんです。
子供が遊んでいる間のほんの少しのリラックスできるひと時もいいのでは、と思います。やはり子供受けがよかったからか、近くのクリニック以外からも来ていただけることも多くなりました。
薬局は薬を処方する場所ですが、その時間をいかに気分よく過ごして頂けるかを考えるも楽しくなってきました。薬を服用しなくてもよいほど健康体の方が増えることが1番いいことなんでしょうけどね。

横浜ランドマークプラザの美容室クオール