美容師さんと上手につきあうために

美容院へ行ったら、新しい髪形になって、スッキリいい気分になって帰ってきたいですよね。そのための心構えを、何点か取り上げてみましょう。

まず、オーダーの時、「おまかせで。」なんて丸投げな人。
いくら常連客でも、「長いか」「短いか」とか、大まかなプランは用意していきましょう。
なりたい髪形が、はっきりと決まっていないのならば、普段のスタイリングで気になっている事を、美容師さんにはっきりと告げて、それに合ったスタイルを話し合いながら、少しずつ詰めていくのが、良いと思います。優柔不断は、NGですよ。

逆に、雑誌などを持って行って、「この髪形にしてください。」という人。
これは、むしろ具体的にイメージしやすいので、美容師さんには好まれます。
ただし、モデルさんとは髪質や顔立ちが違うのですから、全くその通りにできるとは限りません。
ベストなのは、「この髪形にしたいのですが、私にはどうでしょうか?」ともちかけて、あとは美容師さんとよく相談して、好みの髪形に近付けて行くことです。

「アニメキャラと同じ髪型に」というオーダーをされる方も最近には、見られるようですが、この場合は、正面からだけだと、イメージしにくいので、できるだけあらゆる角度からの画像を用意して持っていくとか、コスプレしている方の画像を見せるとかすると、うまくいく場合があるそうです。

それから、縮毛矯正など時間のかかる施術を予約した場合の、連絡なしのドタキャンはやめましょう。
特に、個人営業の美容師さんは、予定していた時間がポッカリ空いてしまうことによって、開店休業状態になってしまいます。来れないことを前もって知っていれば、その分、飛び込みのお客様に対応することができますから、直前であっても、キャンセルの連絡はしてあげてください。
横浜ランドマークプラザの美容室クオール
気のあう美容師さんを見つけて、気軽に相談できるような関係を長く保っていけるとよいですね。