最新日焼け止め事情

真夏のお肌対策に欠かせないのは、何といっても日焼け止め。
皆さんは、どんなタイプを使っていますか?
今までは、クリームやローションタイプを主に使ってきましたが、今年私が注目しているのは、ノンケミカルのパウダータイプです。

クリームやローションタイプの日焼け止めには、
・べたつく
・塗り直しが面倒
・白浮きする
・服に着くと落ちにくい
・クレンジングしても落ちた気がしない

・・・などのデメリットがありました。

これらをほぼ解消できるのが、パウダータイプの日焼け止めです。

まず、成分の話から。
クリーム・ローションタイプに配合されているのは、紫外線吸収剤といって、これは取り込んだ紫外線エネルギーを化学変化によって赤外線や熱に変換させる働きをします。また、界面活性剤も配合されているので、肌の弱い人には刺激となる事があります。
それに対して、パウダータイプの成分は、紫外線を散乱させることによって、肌を守る紫外線散乱剤という物質を使っています。これは、紫外線吸収剤よりも幅広い波長の光に有効で、最近の製品では酸化チタンなどの天然鉱物をナノ分子まで砕いて使用しているものが多く、したがって、高SPFでも肌に負担が少ないのです。

また、毛穴に詰まったクリームは洗い流すのに、クレンジングが必要ですが、パウダーの場合は、表面の粉を落とすだけなので、石鹸でもスルリと落ちてしまうのです。

また、日焼け止めの効果を持続させるためには、こまめ塗り直しがかかせないのですが、クリームはメイクを落としてから塗りなおして、またメイクのやりなおし・・・など、プロセスを踏まなければならなくて、面倒ですよね。
パウダーはいつでも何回でも、メイクの上から粉をはたくだけ。
横須賀のおすすめ美容院
色はあまり選べませんが、パウダーが白っぽく見える物でも、粒子が細かいので白浮きせず、テカリの解消にもなって、肌もきれいに見えます。